【公式】宮崎県 都農町「道の駅つの」| 山と滝とくだもののまち     いちご農家の黒木農園さん – 道の駅つの

メニュー

お知らせ・スタッフブログ

トップページ > お知らせ・スタッフブログ

ブログ

2019/1/31

いちご農家の黒木農園さん

いちご シーズン真っ只中、

「道の駅つの」にも、毎日たくさんのいちごが並びます。

「道の駅つの」の小河副駅長が

宮崎県 都農町(つのちょう)でいちご を育てる

黒木農園の黒木 朝則(ときのり)さん、美智子さんご夫妻をお訪ねしました!

 

 

小河副駅長:「わ〜!すごく広い畑ですね〜!」

朝則さん:「これでも随分畑を小さくしたけどね。いちごはこの歳になっても収穫しやすいから助かるわ。」

 

小:「いやいや、いちごの収穫も腰をかがめて大変ですよ。」

 

 

朝:「あそこに台車があるとよ」

 

 

朝:「この台車にコンテナをのせて、その中に一粒ずつ摘んだいちごを並べていくとよ。摘んだいちごもコンテナの中で2段になると潰れるから、一段敷き詰められたら、新しいコンテナに。

収穫はちょっとずつしかできないけど、いちごが傷つかないように気をつけちょる。」

 

小:「そうなんですか!収穫にもひと手間かかるのですね!」

 

 

小:「このひょろっと出ているのはランナーですか?」

朝:「そうそう、ランナー。これで新しい苗を増やしていくとよ。」

 

 

朝:「苗づくりから、力を入れている人はそうそういないかもしれないけど、やっぱり良いいちごを作るには、元気な苗だけで作りてぇと思ってね。

いいランナーだけから、いい苗を増やしちょるよ。」

小:「選びに選ばれて、できた苗なんですね。」

 

美:「これ、食べてみてん!」

 

 

 

 

バクっ!!

 

 

小:「ん〜!甘ぇ~!!とってもジューシーですね!

朝則さん、美智子さんのいちごづくりのこだわりって何ですか?」

 

 

朝:「やっぱり、朝採りのいちごにこだわってるよねぇ。昼や夕方に採ることもできるけれど、朝が一番いいと思って。朝のまだ暗いうちから、頭にちっちゃいライトをつけて摘んじょるよ」

 

 

朝:「あとは、こうやっていちごの実が葉っぱの陰に隠れないように、一本一本ツルを出してやって。太陽をいっぱい浴びた、真っ赤ないちごの方が美味しいやろ?」

小:「いろいろと気を配られているんですね!」

 

 

「道の駅つの」でもファンが多い朝則さん、美智子さんのいちご。

お二人の、きめ細やかな工夫と手入れで、美しくて美味しいおいしいいちごが育っているのですね!

黒木農園の黒木 朝則さん、美智子さんありがとうございました!

 

 

Google Map

                   

■宮崎空港から約60km

■JR日豊本線『宮崎空港駅』から『都農駅』まで約1時間

■『都農駅』から徒歩約25分(タクシー約5分)

■JR日豊本線『延岡駅』から『都農駅』まで約45分

■自家用車またはレンタカー 宮崎空港から約1時間20分

■東九州道都農ICより10号線経由で5分

※交通状況により異なります。